読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婆の戯れ言。

つまらない人間セメントが、つまる人間になるために、嫌なことを我慢してがんばる修行日記です。

修行1【「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観る】

 

 子供のころから、観たことのない映画を観たことあるふりして生きてきました。

 

攻殻機動隊」もそのひとつ。

 

原作も読んでません。

アニメは少々。

映画はイノセンスだけ。

 

その昔、知ったかぶりして「攻殻機動隊が好き」と言ったところ、

言った相手が本気のファンで、

どのシリーズが好きが問い詰められて答えられず、

結局ファンでないことがバレて気まずい思いをした…

という、悲しい思い出があります。

 

そんな攻殻機動隊の実写版が公開!

 

というので、これはもう修行のひとつとして

観ておかなければと思い、

数年ぶりに自分の意志で映画館に足を運びました。

 

 

近所にある、大手とは違う小さな映画館。

金曜夜のレイトショー。

客は約10人。

大半がひとり。

 

お客みんなに親近感を覚えながら、D-5のシートへ。

ビールを飲もうかと思いましたが、

トイレに生きたくなると困るのでコーラにしました。

小心者。

 

スマホの電源も切ってしまったので上映までの間がもたず、

ひたすらポップコーンを食べていたら

上映前にほとんど食べきっていました。

 

まあ上映中にカサカサ音たてるよりマシか。

まわり誰もおらんけど。

 

 

 

そうして始まった「ゴースト・イン・ザ・シェル」は…

 

 

面白かった!!

 

 

身も蓋もない感想ですみません。

 

すげー!かっこいい!面白い!ぐらいの

乏しい語彙でしか表現できないのが切ないですが、

すげーかっこよくて面白かった。

 

 

でもエンドロールが長すぎてぐったり…

 

次から次へと出てくるクレジットを見ながら、

これ誰が校正するんかな…

これだけの人にお金を払ってるのか…とか

考えてしまって、余韻もへったくれもなかった。

 

エンドロールまで観るのが通!とか思ってたけど、

長すぎると興ざめです。